美 少年・那須雄登、ドラマ初出演で“悪の顔”「少し緊張もしています」

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の那須雄登が2020年3月から放送されるWOWOW『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』(全5話、第1話無料放送)でドラマ初出演することがわかった。那須は「今回ドラマに初めて出演できるということ、心からうれしく思っています。撮影が楽しみなのは勿論ですが、少し緊張もしています。ドラマの雰囲気、現場にすぐ慣れて、この作品を共演者の皆さんと一緒に作っていけたらうれしいです」と意気込んでいる。

 人気小説家・柚月裕子氏の原作をもとにした同ドラマは、本来の希望ではない社会福祉課のケースワーカーの職に就いていた主人公・聡美(橋本愛)の信頼していた先輩が、アパートで焼死体で発見されたことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていくサスペンス。聡美の同僚・小野寺淳一役としてNEWSの増田貴久も出演する。

 那須が演じるのは、聡美の兄・亮輔の高校時代の同級生で、かつては野球部の人気者だったものの、今はヤクザの下っ端になってしまった金田良太役を演じる。金田は焼死体が発見されたアパートの住人だったが、火事のあと行方がわからなくなるという事件の鍵を握る重要な役どころ。

 那須はドラマ初出演にして10代と20代、好青年と悪の道に陥ってしまった若者を演じ分けることになり「優等生だったけれど、ある事がきっかけで誤った道へ進んでしまう良太役を演じさせて頂きます。よろしくお願い致します」とコメント。「生活保護の実態を主題とした社会派ドラマですが、重くなりすぎず、見終わった後になんだか温かくなるような作品なので沢山の方に見て頂きたいです!」と呼びかけている。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越