「カメ止め」出演の朝日新聞記者、再び映像の世界へ

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

製作費300万円のインディーズ映画ながら、興行収入30億円を突破した18年の映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)に出演後、朝日新聞で記者になった合田純奈さん(25)が先月で同社を退社した。

ゾンビ映画の撮影隊を、撮影の裏側と人間模様まで描いた「カメ止め」に出演した経験を踏まえ、俳優と制作の両面で映像制作に携わりたいと希望。“リアルカメ止め”とも言える人生の再挑戦のため上京した。

劇中では、お団子頭のAD栗原綾奈を演じた。撮影当時は大学生で、公開2カ月前の18年4月に朝日新聞に入社。赴任先の福岡で県警担当として活動する傍ら、同8月に「カメ止め」大ヒットの記事を書いた。多くの人と出会う記者に、意義を感じていたという。

一方、新人監督と無名の俳優と、映画に感動した観客が手を携えて口コミで拡散し、都内の2館から全国375館に拡大公開された「カメ止め」の熱気と感動を忘れることが出来なかった。葛藤の中「辞めて、どうすると言われたこともある。でも物を作って誰かの心を動かしたい。タイミングは今」と挑戦を決めた。

演技経験は「カメ止め」だけ。今後、本格的に学ぶ気持ちもあるが映像制作に挑戦したい思いもある。その思いを「カメ止め」の新年会で打ち明けると、共演の曽我真臣からYoutubeで週2回、公開する映画番組「シネマチラリズム」への出演を打診された。快諾し、番組映像の編集もしたいとリクエストした。

合田さんは「記者の経験で得たものも生かすことが出来る。1人でも多くの人に勇気を与える、新しい何かを作りたい」と意気込んでいる。【村上幸将】

     ◇   ◇   ◇

◆合田純奈(ごうだ・あやな)1994年(平6)7月8日、大阪府生まれ。同志社大法学部在学中の17年、映画のエンドロールに名前を載せたいという思いで新人監督と俳優を養成する「ENBUゼミナール」の映画企画に応募。演技未経験ながら合格して「カメ止め」に出演。18年4月に朝日新聞社に記者として入社。西部報道センターや鹿児島総局に赴任し、県警や野球などを担当。昨年9月には、ラグビーワールドカップ(W杯)を制した南アフリカのキャンプも取材した。血液型A。

◆「カメラを止めるな!」 上田慎一郎監督が17年1月にENBUゼミナールから映画企画第7弾の監督オファーを受け、同4月にメインキャストの12人をオーディションで選び、演技のワークショップを開催。17年11月に東京・新宿K'sシネマで6日間、行った6回限定のイベント上映が評判を呼び、18年6月23日に同劇場と池袋シネマ・ロサで封切られた。

映画は山奥の廃虚を舞台に、ゾンビ映画を撮影する自主映画の撮影隊を描いた。本物を求める日暮隆之監督(濱津隆之)は、なかなかOKを出さず、テイクが42回に達した中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる。監督は大喜びする一方、撮影隊は次々とゾンビ化していった。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越