もはや打ち切り圏内!? 向井理、『10の秘密』が“壮絶爆死”で連ドラ主演は見納めか

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 向井理が主演するフジテレビ系連続ドラマ『10の秘密』が壮絶な爆死を遂げている。

 初回は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と1ケタ発進。以降、7.9%→6.7%→6.2%→5.4%と見事なまでの右肩下がりで、“打ち切り圏内”の5%割れすら現実味を帯びてきた。

 第5話までの平均は7.2%で、今クールの民放プライム帯の連ドラ(テレビ東京系は除く)の中では、現状で最下位という大惨事になっている。

 同作は、14歳の娘を持つシングルファザーの建設確認検査員・白河圭太(向井)が娘の誘拐をきっかけに、元妻、娘ら登場人物たちのさまざまな秘密を知ってしまうというストーリー。

 ヒロインは元妻役の仲間由紀恵で、そのほか、仲里依紗SixTONES松村北斗、堀田茜、佐野史郎名取裕子渡部篤郎らの豪華キャストがワキを固めているだけに、さすがにこの低視聴率は深刻だ。

 かつての向井は『サマーレスキュー~天空の診療所~』『S -最後の警官-』(共にTBS系)、『遺産争族』(テレビ朝日系)などで主演し、視聴率も2ケタ台をキープするなど、“主役級俳優”のポジションをしっかり確立していた。ところが、“三枚目”にチャレンジした、2016年7月期の『神の舌を持つ男』(TBS系)が平均5.6%と、いきなり大コケ。

 これが響いてしまったのか、その後、主演オファーが途絶え、『きみが心に棲みついた』(同)、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレ朝系)、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)では脇役に甘んじた。

 そんな中、WOWOWドラマ『アキラとあきら』や、午後6時台のNHK土曜時代ドラマ『そろばん侍 風の市兵衛』での主演こそあったものの、地上波プライム帯では、『神の舌を持つ男』以来、3年半ぶりの連ドラ主演の機会が巡ってきて、向井にとってはラストチャンスともいえたのだが……。

「『10の秘密』を制作するカンテレ(関西テレビ)にとっては、主演が向井、ヒロインが仲間という豪華コンビで、さすがに5~6%台という低視聴率は想定外だった。これまでの数字の推移からして、ここから大きく巻き返す可能性は低いので、“打ち切り”も覚悟しなければならないでしょう。向井自体に役者としての需要がないわけではありませんが、『向井は脇役向き』との業界評も聞かれますし、地上波プライム帯の連ドラで主演する姿は、これで“見納め”になるかもしれませんね」(テレビ制作関係者)

 “主役級俳優”への復活を懸けた向井だが、『10の秘密』の爆死で、かえって赤っ恥をかく事態になってしまった。ここは割り切って、当分は脇役に徹するのが無難なのかもしれない。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越